2018年11月1日木曜日

運動会/幼児合同演劇鑑賞会/りんご狩り遠足

平成30年10月31日
さくらんぼ園園長 和田晴世

 10月末になり、やっと秋晴れの良い日々が続いています。
 運動会も10月13日(土)に終わり、あひる・うさぎ組はその後、リンゴ狩りと幼児合同演劇鑑賞会(島田市おおるり会館)に参加しました。芸術・収穫の秋を満喫している現在です。
 運動会の様子(入場から始まり、服部事業主と今村事業部長から、ご褒美をいただくまでの様子)を写真で紹介しますので楽しんで見てください。
島田看護学校体育館をお借りして、天気に左右されることなく運動会の準備ができることは、本当に感謝しています。
 今年のテーマは、「秋の運動会」。子供達が、9月に入り秋のカリキュラムになって、毎日の課題保育の中で製作した年齢別の果物や、散歩で拾ったドングリや枯れ葉を使って作り、それに職員の製作した動物を合わせて「収穫の喜び」とし、さくらんぼ園ホールに飾りました。
 子供達にも高評価された装飾を、運動会では動物に各クラスの応援旗を持たせました。野原の広場で開かれた運動会の雰囲気を出す為に、コスモスの花を咲かせましたが、保護者の皆様、お気づきでしたか。
 来賓の皆様は気づいてくださり、競技終了後に足を止めて見てくださいました。ありがとうございます。
 今年は、年長うさぎ組は、竹馬で例年の倍くらいの距離を歩きました。毎日、午後4:00過ぎから練習しました。はじめは全員が全くできませんでしたが、努力により一日追うごとに、歩く回数が増えていきおもしろくなりました。
 それを見ていた4歳児や3歳児も年齢に応じて、高下駄と缶ぽっくりに挑戦です。子供達は、体感でコツを覚え、やる気を出すと成長は早いです。
 毎日、「できた!できた」の喜ぶ声に周りのおとなも職員も、年少児たちも赤ちゃんも瞳を輝かせて見つめていたのが思い出されます。
 保護者の競技では、毎年恒例になりました綱引きです。迫力満点!!ドクターも看護師さんも、力を合わせて競技する姿は素晴らしいですね。
 プログラム最後の恒例のダンスは、「人間ていいな」です。来賓も保護者も職員も子供達も一緒に肩をたたき、腕をくみ合う姿は、いつもこみ上げてくる雰囲気がありますね。
では、運動会の写真をお楽しみください。


 幼児合同演劇鑑賞会(10月18日(木))は今年は、あひる組から参加しました。
 歌のお兄さんと赤ずきんでしたので、2歳児でも観賞可能。みんな楽しんだ様子で満足して帰っていきました。
 りんご狩り遠足(10月19日(金))は、金谷のひろみちゃんのりんご園です。
 恒例行事であひる組から参加している子供は、ひろみ園でいただくリンゴジュースが楽しみの一つになっています。本当においしいんです。
 今年は、お土産に3本いただいてきました。おやつに出してあげると、全員が満足顔でした。皆さんにも紹介だけでなく、飲んでもらいたいですが残念です・・・・
 今年は大型台風の影響を受けて、落下や擦れて傷ついたリンゴ(ぐんま名月)が多く残念ですが、味はいつものように抜群でした。
 りんご園のひろみさんがつぶやいた「自然を相手にするのは大変」の言葉に返す言葉がありませんでした。様子を写真でたのしんでください。